ねこのめ芸能ニュース: 有馬稲子が市川崑監督との不倫中絶を告白 マニキュアの語源

2010年04月22日

有馬稲子が市川崑監督との不倫中絶を告白





女優有馬稲子(78)が日本経済新聞朝刊に連載中の「私の履歴書」で50年以上前の市川崑監督との不倫を告白し反響を呼んでいる。有馬本人が書き、連載は4月1日付から始まったが、12回目から4回にわたり20歳代での不倫を告白した。


 映画「華々しき一族」出演時の監督について「21歳の私の心は騒いだ」と書いたが、市川監督であることは明らかで、出会いから1年後に「妻とうまくいっていなくて別居している。きちんとしたら君と結婚したい」と求婚されたという。

 監督は62年に赤ちゃんを取り巻く大人の大騒ぎを描いた映画を撮ったが、そのポスターを見た有馬は「かつて間違いなく私の体の中にいて、ついに愛情に祝福されることのなかった子どものことを思い出して涙が止まらなくなった」と堕胎の事実も明かした。

もう、市川昆監督も亡くなって2年、語ってもいいと思ったんでしょうね。しかし、、、すごい。

7年も待たせて、別れるんなら新聞社にバラす!って監督が言ったんですよね、、、17歳も年上なのに、身勝手な人だったのね、、、。

私の履歴書読むべし。
タグ:有馬稲子
posted by 猫まんまーな at 09:20 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。